【NO.3】 動きづらい・・が、U型キッチンで動きやすい空間に

【NO.3】 動きづらい・・が、U型キッチンで動きやすい空間に

 

キッチンが狭いと感じる理由は、人それぞれです。
これは、キッチンの幅は広いですが、作業の幅がやや狭い間取り。

 

後ろに収納を置きたいが、置いたら動けない。
必然的に収納量は少なくなります。

 

モノを収納できないけど、モノは自然と溢れてきます。
本当に使いにくいキッチン!
と、リフォームを決意しますが、プランも相当悩みました。

 

キッチンを広くとれば、他のスペースが狭くなる。
結局は、妥協が必要になります。
とはいえ、洗面所もお風呂もこれ以上狭くしたくありません。

 

出した答えはコレです。
キッチンを広くせずに、広く感じる方法はになにか?
では、リフォーム後の間取りを見てみましょう。

 

スポンサードリンク


 

U型キッチンで動きを最小限にする

 

 

キッチンは対面そして、U型キッチンを採用しました。
U型キッチンは幅が大きくとれないときにメリットを発揮します。

 

くるっと回るだけで作業は全て解決します。
食器棚は思い切って少し離しましたが、必要な食器はまとめて用意すればそれほど手間でありません。I型キッチンに慣れていると、U型キッチンはどうなの?と不安に感じると思います。

 

実は間取りを決めてからも、本当にこの間取りで良いのか?
とシュミレーションを繰り返しました。

 

メーカーのショールームにいってU型キッチンを体験。
U型キッチンの作業をイメージしながら実物を確認しました。

 

キッチンに何を収納するのか?も具体的に考えることで、
収納量が多いだけでなく、収納しやすいキッチンも選べました。
キッチンはメーカーの数だけ特徴も沢山あります。

 

  • Panasonic
  • LIXIL
  • クリナップ
  • TOTO
  • タカラスタンダード
  • トクラス

 

主要メーカーはこれらですが、他にも色んなメーカーがあります。
リフォームするときは、ショールームで実物を確認するのをお薦めします。

 

今回のリフォームで対面キッチンにしたことで、リビングの旦那さんとも会話が増えました。
狭いキッチンを使いやすくする機能面だけがリフォームの目的ではありません。

 

この事例のポイントは、リフォーム後のシュミレーションを繰り返したことです。
間取りを大きく変える場合、本当にそのプランで満足するのか?
というのを真剣に考えなければいけません。
今回ショールームをしっかりと下見したのは大正解でした。

 

ただU型キッチンにしました、だけだと理想のキッチンにはできなかったでしょう。
システムキッチンはオーダーメードで組立できます。
収納を引き出しにするか?開き扉にするのか?でも違います。
引き出しだから使いやすい、という訳でもありません。

 

妥協せず、出来る限り色んなプランをシュミレーションすることで、
工事後のギャップが少なくなります。
さらには真剣に考えた分だけ、家にも愛着が持てるようになりますよ。

 

PS. もう少しキッチンが大きければ良いのに・・
  実はキッチンが大きくても使いにくい、そんな事例があります。
【NO.4】 大きくても使いにくい?L型キッチンのデメリット

 

 

スポンサードリンク