【NO.4】 大きくても使いにくい?L型キッチンのデメリット

【NO.4】 大きくても使いにくい?L型キッチンのデメリット

 

キッチンの大きさよりも、配置が重要。
この間取りをみると、それがより理解できます。

 

L型キッチンの横には、ダイニングテーブル。
それをまたいだ場所に、家電収納、食器棚をおいています。

 

対面キッチンでない場合、どうしても導線が長くなります。
ましてやダイニングテーブルを挟むのは、見た目も微妙です。

 

リフォームしたいけど、どうしよう・・
実はこの間取りで暮らしてるうちに、
テーブルを調理台として使うようになったそうです。

 

ダイエット器具がいつのまにか洋服を掛ける場所に変わってた。
そんな感じですね。

 

では食事はどこでしていたのか?
というと、リビングでご飯を食べるようになったそう。
結果的にキッチンは広々と使えるようになりましたが、
料理を運ぶ導線がすごく長いですね。

 

運動には良いかもしれませんが、やはり面倒だったみたいです。
では、リフォーム後の間取りをみてみましょう。

 

スポンサードリンク


 

理想的なLDK、導線もより快適に

 

 

長方形のリフォームしやすい形。
リフォーム後は壁をとって、王道のLDKにしてみました。
見慣れた間取りですが、この間取りはとても人気があります。

 

  • 各箇所がゾーニングされている
  • キッチンから全体を見渡せる
  • キッチンの導線が短い

 

以前はリビングとダイニングが一緒でした。(最終的に)
それだと、リビングにどうしても生活感がでます。
オシャレにしたくてもできない、そんなストレスもあったそうです。

 

今回はゾーニングで、各場所をしっかりと分けたので、
工夫次第では生活感を最小限にできます。

 

生活感が一番でるのはキッチンです。
キッチンは対面式にしてるので、ダイニングから手元は見えません。
ダイニングテーブルにも、お花を添えてみました。

 

以前は蛍光灯の下で食事していましたが、
温かい電球色の照明で、料理も美味しそうにみえます。
リフォーム後はインテリアを楽しむ余裕もできたそうです。

 

この事例のポイントは、壁の撤去ができるかです。
壁の撤去は重要な柱があれば、耐震性が大幅に落ちます。
柱をとる代わりに、大きな梁をいれるなど対処が必要です。

 

家の柱を撤去できるかは、建築士など知識がある人に見てもらいましょう。
リフォーム会社の中には、契約とるために無責任に柱を撤去する会社もあります。
柱をとってしまった後では、後悔しても仕方ありません。気をつけましょう。

 

PS. あなたは老後の生活をイメージできていますか?
  夫婦2人の生活が再び始まりました。
【NO.5】 憧れの暮らしはありますか?ある年配夫婦の暮らし

 

 

スポンサードリンク