【NO.7】 L型は嫌?アイランドキッチンの魅力って?

【NO.7】 L型は嫌?アイランドキッチンの魅力って?

 

広いキッチンでも導線が長いと使いにくい。
L型キッチンのデメリットは導線が長くなりがちな点です。

 

壁付けキッチンだと手元も丸見えだし、
生活感がダイニングにも影響するのが嫌ですよね。

 

手元を隠したい、そんな羞恥心を捨てたらどうなるか・・
どんどん家は汚くなってきますよね。
どれだけ頑張っても配置が悪いと限界があります。

 

では、リフォームしてどうなるか見てみましょう。

 

スポンサードリンク


 

アイランドキッチンで生活が変わる?

 

 

L型キッチンからアイランドキッチンへ。
アイランドキッチンのメリットは3点。

 

  • 手元が見えない
  • 作業導線が短くなる
  • ダイニングとゾーニングができる

 

アイランドキッチンは雑誌でよくみる間取りですが、
見た目だけでなく機能性も格段にあがります。

 

手元が見えないことで生活感を最小限に抑えることができます。
作業導線もL型キッチンより遥かに短くなりましたね。

 

和室もフローリングにかえて、LDKの間取りに。
バリアフリーになったので、掃除機もルンバに変えたそうです。

 

ほかにもソファやテレビボード、ダイニングテーブルも全て買い替えました。
オークの無垢フローリングに合わせて、完全なナチュラルテイストです。
これだけスッキリした間取りだと部屋を汚す気はしないですね。

 

この事例のポイントは、思い切った間取り変更です。
L型キッチンをアイランドに変えるには、和室も工事しないと難しい。
予算のことを考えると、ほとんどの人が躊躇します。

 

でも、完成後を具体的にイメージできてたので、思い切ってリフォームできました。
少しづつリフォームするのも良いですが、同時にしないとできないリフォームもあります。
予算ばかりに目を向けると、あとで後悔することもありますよ。注意しましょうね!

 

PS. L型キッチンはデメリットばかり?
  次はL型キッチンを有効活用した事例ですよ。
【NO.8】 珍しい?L型キッチンの活用事例

 

 

スポンサードリンク